セミナーはお一人から伝授しております。

 直傳靈氣セミナー

 直傳靈氣はどなたでも学べ、信じがたいかもしれませんが学んだその日から使えるようになるヒーリングです。(実践が中心で何も難しいことはありませんのでご安心下さい。)

  とてもシンプルですが、流れる氣のエネルギーは非常にパワフルです。

 直傳靈氣ができると自分はもちろん、ご家族やご友人、ペット等の健康に貢献できるようになれます。

 施術のプロとして活躍されたい方は私がしっかりと指導させていただきます。プロとしてやっていく心構えや様々なテクニックも指導させていただきます。ただ、本当にプロや先生としてやっていくには熱意と根気は必要だと思います。

 

※セミナーを受けるだけで靈授や靈氣を受けるので、セミナーが終る頃にはかなり元気になり、受講生同士で来た時と顔が全然違うとお互いにいいあったりする元気になるセミナーですのでご安心下さい。

前期セミナー1、2、3 (9時間:1日半):48,600 円

 靈氣の歴史、五戒、血液交換法等を学び靈授を受け直接相手に手を触れて癒すことができるレベル。

 

後期セミナー1、2 (6時間:1日):43,200 円

 遠隔による施術法を学ぶ。

 性癖(性癖=悪い癖:心配性、優柔不断、神経質、各種依存症、DVなど)治療法を学ぶ。

 

料金には直傳靈氣研究会発行のテキスト及び修了証が含まれております。

 

※全5行程は全て3時間づつ5回に分けて学ぶことも可能です。

 

※天使庵では、セミナー受講生の相互扶助としてご本人、ご夫婦、お子様、ご両親、兄弟・姉妹が大きな病気や怪我をした際にはそれぞれができる範囲で無償にて遠隔を送る活動を行なっています。

  遠隔の出来る後期セミナー受講生以上が対象です。

 

※既に西洋レイキを受講済みの方やティーチャーとして活動されていらっしゃる方、マッサージや指圧等人に触れるお仕事をされていらっしゃる方、医師、看護師、介護士、セラピスト、理容&美容師の方にお勧めいたします。

 

※靈氣のいいところは安全であること。やっていくうちに色んな能力が自然に開いてきたりすることです

 スピリチュアルなことを行うにあたっては全ての基本である、自分の思いや念を一切入れないで行うということを訓練するにも最適です。

 私も靈氣をし始めて半年後くらいで、変な?体験をしました。どうしてもその事が気になり、聞いてみたら・・・ということでした。お互いにビックリして大笑いしました。詳しいお話は直接聞いてね。(笑)

 その後、施術中に画像が見え、それがその方の心の原風景だとわかったり等、自然に能力が開発されていきました。最近はほとんど画像は見えません。

 触れるとオーラの色がわかるのは最初からだったように思います。のちに霊能者の方に色と手先の感覚が並外れているといわれました。お寿司屋さんが向いてるといわれました。(笑)ただ、現実的には高級なネタが嫌いな私には無理でしょうね。

 手の感覚はきっとマヤ暦の青い手に由来するものですね。(納得) 

   修了証は下記の写真通り臼井先生が渡していた修了証と同じ形状のもので、いわゆる折紙付きというものです。なお、この修了証には靈授してお渡しいたします。 

 よく折紙付きというのはこの形状のもののことです。

左の写真は2015年7月23日と8月7日に撮った私の心臓肥大の写真です。

 咳、痰が続いて仰向けに寝ると息苦しくなり、座って寝ていましたが、ついに起きていても息苦しくなり内科の先生に診ていただきました。

 てっきり喘息か肺炎かと思い病院で受診したところなんと心臓に問題があり、心不全と心肥大だと告げられました。医師にはこのまま放っておくと余命宣告をすることになるといわれました。まさかの心臓に問題ありで驚きました。

 ず~っと病院とは無縁な健康体だったため、健康診断も10数年以上していませんでした。

 原因は長年にわたり高血圧だったのをそのままにしたために心臓が疲れて、ポンプの力が弱くなりその分をカバーするために心臓が大きくなったようです。しかし、さすがにそれも限界となり肺に水が貯まったせいで普通に呼吸をしていても苦しい感じでした。実際あまりに苦しいので救急車を呼ぼうか真剣に悩んだほどでした。かなりヒドイ状態といわれました。

 7月23日(写真右)時点では体の幅の63%(2割以上増しの大きさ)の大きさがあり肺に水が貯まっていました。正常値は50%です。左の写真に比べると黒く見える肺が小さいですよね。

 その後7月28日から検査と治療の為に2週間の予定で入院しました。血圧を下げる薬と肺の中に貯まった水を出す薬を飲み、大勢のお弟子さんたちの靈氣の遠隔により8月7日には55%(写真左)の大きさまでに小さくなりました。途中、心臓の周りの血管につまりが無いかを検査するカテーテル検査も行っていただきましたが、どこにも狭窄箇所の無いきれいな血管でした。きれいな血管の見本のようでした。(笑)

 退院はもの凄く順調に回復したために予定より1日早く10日になりました。血圧も入院して4日目には正常値になりました。(薬で下げての話ですが) そんなこともあり、勝手に奇跡のV字回復といってます。(笑)

 更に退院してひと月後の9月9日のレントゲンでは更に心臓が小さくなったといわれました。(写真の背骨の左まであったものが背骨と重なるくらいになっていました)

   追加で11月11日に撮ったレントゲンでは9月9日の心臓より更に小さくなっているといわれました。ほぼ普通の大きさまでになったと思われます。

 靈氣の遠隔と適切に処方された薬のお陰で短期間で良くなったといえるでしょう。

※靈氣の遠隔で必ずしもこのように結果が出るとは限りませんが、良くなるという実例にはなったと思いますし、このレントゲン写真が物理的な証拠として認めてもらえるのではないでしょうか。

靈授前と靈授後のオーラの変化

 靈授とは靈氣ができるように回路を開くもので、靈授を受けるとその日から靈氣を活用できるようになります。

 受講後も何度も靈授を受けることで、靈氣の回路を太くすることができます。太くなるとそれだけ多くのエネルギーを流せるようになります。

靈授を受ける前のオーラ写真です。

(靈授とは靈氣が使えるように回路を開くものです)

 

   お弟子さんを連れて靈授前と靈授後でオーラがどう変わるかを撮って来ました。


靈授前
 右:青白   左:青   ハート:ピンク紫  中央:ライトブルー  喉:青白

靈授を受けた後のオーラ写真です。

 
靈授を受けた後
 右:ゴールド  左:オレンジ  ハート:赤外  中央:ゴールドオレンジ  喉:赤外

 靈授前は落ち着いた冷静な感じから、靈授後はエネルギーが満たされた感じに変わっています。

 ゴールドは一般の方ではほとんどでない色です。

エンソフィックレイヒーリング セミナー

地上最強のヒーリングといわれています。

 エンソフ(全てのものの源)から原初の光を直接降ろして行なうヒーリングなので非常に強力です。

 体への働きかけは勿論、精神面の変化が大きいのが特徴です。

 心身ともに充実した健康体へと導き、潜在能力が活性化され、神聖さを取り戻して活力溢れる人生が送れるようになるヒーリングです。

 

 施術を受けた方の人生を展開させるヒーリングです。

 

  現在、施術手法や内容が改定されたためセミナーを受けられるのは東京でのみとなっております。

  

 エンソフィックレイ協会

  http://ensoficray.jp/